毛穴と赤いポツポツはニキビ洗顔で|ランキングでオンリーワン

女性の横顔

効果的なスキンケア

微笑む女性

種類と治療方法

ニキビ跡を治療する前に、ニキビ跡の特徴について理解しておく必要があります。ニキビ跡と一口に言ってもいくつかの種類があります。ニキビは毛穴が炎症を起こすことで起こりますが、その炎症の跡に残る赤みがニキビ跡です。赤みタイプのニキビ跡は、時間の経過と共に薄くなっていきます。シミのように茶色く色素沈着して残るニキビ跡もあります。これはニキビをいじったり、紫外線を浴びてメラニンが生成されることで起こります。色素沈着タイプを治療するにはハイドロキノンクリームが有効です。クレーター状のニキビ跡は、皮膚組織が破壊されて起こります。皮膚が固い人に起こりやすい現象です。クレーターにはピーリング石鹸がある程度効果があります。

浸透するビタミンC誘導体

ニキビやニキビ跡の赤み、色素沈着、クレーターやアイスピック跡などに効果的なのが、「浸透性ビタミンC誘導体」です。ビタミンCの安定性と浸透性を高めた成分がビタミンC誘導体です。浸透性ビタミンC誘導体は水性と油性両方の性質を持ち、化粧水やクリームなどによく配合されています。浸透性ビタミンC誘導体ローションには皮脂を抑える効果があるので、ニキビが出来にくくなります。また、新陳代謝を高め、皮膚の生まれ変わりをサポートするので、赤みタイプやシミになった色素沈着タイプのニキビ跡の早期改善も可能です。さらにはコラーゲンに働きかけて肌をプルプルにする働きがあり、クレーター跡やアイスピック跡を薄くすることもできます。